ブログ

ベランダ菜園でやってはいけない3つのポイント。

ベランダ菜園の初心者が後悔する3ポイント

コロナ禍でガーデニングを楽しむ人が増えている。

ステイホーム中でもベランダや庭先の家庭菜園なら安心して楽しめる。

野菜が日々、成長する姿が身近に見られるのは幸せだ。

ただ、初心者が気づかずに始めて後悔することがある。

百均の鉢、有機肥料、過剰な世話だ。

上記の3点はベランダ菜園を始めた初心者が後悔するポイントだ。

百均の鉢はベランダ菜園に向いていない

家庭菜園を始める際に百均で道具をそろえる人は案外多い。

その中でも一番気をつけたいのが8号鉢を購入してしまうことだ。

二回り大きい10号鉢でも十分とは言えない。

小さすぎて、野菜が大きく育たないからだ。

 

最初、ポットに入った野菜の苗を植え替えるなら8号鉢は十分の大きさだろう。

直径が24センチあり、百均でも深さが30センチはあるのだ。

ただ、ピーマンなど苗が大きくなると、8号では成長を続けるには狭すぎることが分かる。

 

窮屈なら、より大きな鉢に植え替えればいい。

ただ、8号だと鉢ごとひっくり返して、片手で苗を支えるには大き過ぎる。

結構育ってからだと、植え替えの際に苗を痛めてしまうリスクがある。

 

同じく、百円で買える植木鉢は10号(直径30センチ)でも大きさが足りない。

百均だと深さが20㌢余りしかないのだ。

バジル、しそなど葉物野菜ならいいが、多くの野菜を育てるには浅すぎる。

百均で百円で購入できる鉢はベランダ菜園には向いていない。

キノコバエを招く有機肥料

次にベランダ菜園の初心者が冒してしまうミスが有機肥料だ。

たい肥、油粕などの肥料は野菜の成長には有効だ。

おいしい有機野菜をイメージしてしまうのかも。

 

この有機肥料、確かに野菜は健やかに育つ。

食べるのに安全安心な原料だ。

百均でも手軽に買える。

 

しかし、梅雨時になると、多くの人は後悔する。

キノコバエなどの害虫が大量に発生してしまうのだ。

一度、大量発生してしまうとなかなか駆除できない。

近所迷惑にならないようプランター栽培では化学肥料を使うことがお勧めだ。

過保護では丈夫に育たない

家庭菜園の初心者がよくやるミスが、水のやり過ぎ。

育てている野菜や草花にもよるが、過剰な水やりは禁物だ。

トマトのように乾燥を好む野菜は案外多い。

水のやりすぎは根腐れなどを引き起こす。

 

次に肥料の与えすぎ。

これも、植物を弱らせる原因になる。

実を多く収穫するには肥料が必要だが、もともと肥料などなくても育つのが野菜だ。

栄養過多は人にも植物にもよくない。

 

野菜も子どもと同じだ。

愛情を注げば、それに応えてくれるだろう。

でも、過保護では丈夫に育たない。

一生懸命に育てた野菜が弱ってきて、ついに枯れてしまったら…(トホホ)

まとめ

プランター菜園の初心者が後悔する野菜の栽培方法がある
百均の鉢、有機肥料、過剰な世話だ
百均の植木鉢は小さすぎて野菜栽培には向かない
有機肥料を使うと、キノコバエが大量発生する
水のやりすぎなど過剰な世話にも注意が必要

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
マービー55
50代で脱サラし、新たな生き方を模索中。文章を書くのは好きですが、ITにはめっぽう弱いアナログ人間。人混みが苦手なカントリーおじさんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です