釣り

陸っぱり釣りに最適、穴場度高い三浦半島

陸っぱりに最適な立地・三浦半島

都内からのアクセスもよく、穴場度が高い三浦半島は陸(おか)っぱりの釣りにお勧めだ。

日ごろは茅ケ崎周辺の湘南海岸をホームグラウンドにしている私。

釣りで不漁が続くときは、これまでいい思いをしてきた三浦半島に赴く。

週末など釣り人が殺到する湘南や東伊豆に比べ、釣り人は少なくポイント捜しも容易だ。

特に陸っぱりのポイントは釣り雑誌などでも紹介されていない場所も多い。

まさに穴場がいたるところに潜在している魅力的なロケーションだ。

いかにそのポテンシャルが高いか紹介しよう。

都内からのアクセスはいいのに釣り人は少ない

三浦半島にある神奈川県横須賀市、三浦市へは東京都心から車でも、電車でも約1時間半。

日帰り観光が十分可能な立地だが、釣り人は、少ない。

理由は定かでないが、伊豆などより劣る知名度が大きく関係しているのだろう。

 

釣り雑誌でも湘南や東伊豆に比べてあまり取り上げられない。

確かにメジナのフカセ釣りなどで人気の一級磯は三浦半島には少ない。

大磯、国府津などキスの投げ釣りで知名度が高い海岸もない。

 

でも、メジナもシロギスも狙えるポイントはしっかりある。

あまりメジャーじゃないだけだ。

ちょっと本気に探せば穴場がザクザクしている場所なのだ。

無料で駐車できる釣り場も多い。

一年中釣りが可能なエリアだ

三浦半島の突端にある三浦市には観光地・城ケ島がある。

有料道路(徒歩は無料)になっている橋を渡れば誰でもいける。

この島があることもあり三浦半島では、台風直下でない限り釣りができる。

 

湘南や伊豆半島は南風が強く吹くと釣りにならない場所が多い。

三浦半島は南風が強くても城ケ島の北側で風裏のポイントを探せば、釣りができる。

背後が崖になっている南向きの海岸では、厳冬期でもポカポカ気分で釣りが楽しめる。

北風の影響がほとんどないから。

三浦半島ならほぼ一年中、釣りができる。

 

釣り人なら天気予報をチェックして釣りに出掛けるだろう。

でも、いざ到着してみると風向きが違っていたりして釣りにならない状況もある。

そんな時に三浦半島なら風裏を探すことができるのだ。

魚種も多彩でさまざまな釣りが楽しめる

三浦半島には一級ポイントは少ないが、釣り場は多彩で釣れる魚の種類は多い。

おまけに太平洋側で釣ったハゼなど透き通るような魚体。

刺身にしてもすこぶる美味なハゼがいるのは、東京湾に比べすこぶる水質がいいからだ。

 

三浦半島では磯釣り、防波堤釣り、海岸での投げ釣りと多彩な釣りができる。

陸っぱりの釣り物ならすべての釣り方が可能だ。

穴場は自身で歩いて探してほしい。

有名な防波堤の横にあったりする。釣り人はほぼ皆無だ。

 

釣れる魚種もすごい。

関東で陸っぱりから狙えるあらゆる魚が釣れる。

釣り人が比較的少ないので平日なら本当にのんびり釣りができる。

休日だって、一部の人気ポイントを避ければ、すいている。

 

磯ならクロダイやメジナ、青物など。防波堤ならアジ、イワシ、アオリイカ…。

シロギスが爆釣する隠れた子場所もある。カレイも大型が釣れる。

場荒れに弱いカサゴやクロソイも狙う人が少ないため釣りやすい。

こんな魅力的なフィールドに行かないてはないのではなかろうか。

まとめ

穴場度が高い三浦半島はおかっぱり派の釣り人にお勧めだ
都内からのアクセスがいいのに釣り人は少ない
ちょっと本気に探せば穴場がザクザクしている場所だ
三浦半島ならほぼ一年中、快適な釣りができる
釣り場は多彩で釣れる魚の種類は多い

 

 

ABOUT ME
マービー55
50代で脱サラし、新たな生き方を模索中。文章を書くのは好きですが、ITにはめっぽう弱いアナログ人間。人混みが苦手なカントリーおじさんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です