ブログ

映画「パラサイト」、過激なシーンに後味悪く

映画「パラサイト」、惨劇のシーンには…

韓国映画「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞で作品賞など4冠に輝きました。

まさに快挙です。

私も観賞しました。

韓国の格差社会の実像に迫ったストーリーのスリリングな展開には感心するばかり。

ただ、クライマックスの暴力的な殺傷シーンは、いただけません。

好みでしょうが、私は映画館を出た後、後味の悪さが残っていました。

「パラサイト」、ストーリーは秀逸だが

「パラサイト」はとてもよくできた作品です。

その名の通り、貧しい4人家族が裕福な4人家族に次々と寄生していきます。

姉弟の家庭教師として、社長の運転手として、家政婦として…

考え抜かれた秀逸なストーリーです。

 

半地下の家に暮らす貧しい一家と高台に住む裕福な一家。

なぜ、世間では、金持ちは高台に住みたがるんでしょう?

映画「天国と地獄」(黒澤明監督)も同じ構図でしたね。

 

豪雨でも高台なら家が浸水被害に遭う危険は皆無です。

「パラサイト」では、半地下の家が水浸しになるシーンがありました。

体育館に避難した家族3人が翌日、しれっと裕福な一家の息子の誕生日パーティーへ。

常識的には考えにくいですが、話のテンポがいいので不自然に感じさせません。

惨劇のクライマックスに残念な気持ち

ここまでは、時々、パロディーも交えた映画を楽しんでいたのですが…

その誕生日パーティーで惨劇が起こります。

殺し合う残虐なシーンが次々と展開されます。

 

ボン・ジュノ監督が描いた秀逸な映画のクライマックス。

評価はさまざまでしょうが、私はこのシーンには賛同できません。

過激な表現は、人の心をいやしめると思うからです。

 

その点、是枝裕和監督の「万引き家族」は違いました。

貧しい一家に焦点を当てている点は似通っています。

人間の本性をえぐりだす、すごさも共通しているでしょう。

パラサイトとともにカンヌ映画祭最高賞のパルムドールを受賞しています。

 

万引き家族には惨劇はありません。

過激な表現を使わずに、悲しく切ない人の営みを巧みに描いています。

人に対する優しさがあふれています。

 

その点で「パラサイト」はどうでしょうか?

やはり、クライマックスの描写が過激すぎると思います。

韓国映画やハリウッド映画では、暴力的な過激なシーンが良く見られます。

残虐に描いたほうがインパクトはあるからでしょう。

 

間違っていると断定はしません。

観る人の好みによって評価は分かれるでしょうから…

人に優しい作品が好きな私にとっては、「殺す表現」にも繊細になってほしいのです。

「パラサイト」のストーリーは精巧です。

巧みだからこそ、貧しい人間の心を暴力的に描いたシーンには本当に残念。

心躍らせたり、涙したりする映画に私は感動します。

皆さんは、アカデミー賞4冠の映画に心底、感動できましたか?

私はパラサイトを観賞後、ただ、複雑な思いが残りました。(トホホ)

 トホホのまとめ 

映画「パラサイト」はアカデミー賞4冠に輝く通り、ストーリーは精巧、展開はスリリングだ
韓国の貧富社会の実像にパロディーを交えて迫っている秀逸な作品だ
クライマックスの惨劇のシーンは後味が悪い。暴力的な直情的な表現にはせず、人に優しい物語になっていたらまた見たいが…

 

 

ABOUT ME
マービー55
50代で脱サラし、新たな生き方を模索中。文章を書くのは好きですが、ITにはめっぽう弱いアナログ人間。人混みが苦手なカントリーおじさんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です