ブログ

ベイスターズファンは忍耐強い

辛抱強いベイスターズファン

今年は優勝候補ともいわれる横浜DeNAベイスターズ。

近年はAクラス入りの常連になったが、ひと昔前は本当に弱かった。

ただ、ファンは成績に関係なく昔から行儀よく、忍耐強い。

コロナ禍で入場者を最大5千人に制限した横浜スタジアムを見ていても分かる。

サヨナラ弾などよほどのことがない限り、ファンは声を出さずに拍手だけで応援している。

阪神が攻撃中は声を上げているトラファンとは大違いだ。

辛抱強いベイスターズファンの気質を考えてみた。

「横浜銀行」と揶揄されても耐えてきた

ベイスターズは、1980年前後から「横浜(大洋)銀行」と揶揄されてきた。

川崎からホームを横浜に移した横浜大洋ホーエルズの時代だ。

地銀の雄「横浜銀行」とは無関係。

対戦すれば貯金を増やせる、借金を返済できるチームとみなされていたからだ。

 

とにかく、投打ともチーム力は弱かった。

例えば、1981年の戦績は42勝80敗8引き分け。

首位巨人とは31・5ゲーム差の断トツの最下位だった。

 

まれにAクラス入りしたことはあったが、ほぼ毎年Bクラスに。

それでもファンはねばり強く応援し続けた。

まさに「耐えがたきを耐え忍び難きをしのび」だ。

「涙くんさよなら」を歌って連帯

かつて、ベイスターズ(ホエールズ)ファンに愛されていた歌があった。

「涙くんさよなら」。

連敗したときなどに、よくスタンドで歌った。

 

♪涙くんさよなら

♪さよなら涙くん

♪また、会う日まで。

 

心優しいファンの間に連帯感を生んでいた。

ファンは負けが混んでもヤジをとばさず、監督を攻めなかった。

その気質は、チーム力が高まった現在も変わらない。

監督には名将を迎える時代が続いた

かつてベイスターズは監督に名将を迎える時代が続いた。

1960~1970年代の三原修、別当薫。

80年代に入ると広島カープを初めて優勝に導いた古葉竹識(たけし)も。

2001年には西部の黄金時代を築いた森祇晶(まさあき)まで招いた。

実現はしなかったが、長嶋茂雄をスカウトしたこともあった。

 

でも、プロ野球史に残る実績を残した名将でもベイスターズでは苦戦した。

優勝できたのは、三原監督(1960年)と権藤博監督(1998年)の2度だけだ。

優勝回数1位の巨人の37回はともかく、5位の阪神の5回の半分以下だ。

いくら名将でもチーム力がなければ、長いペナントで結果は出せなかった。

 

2012年にDeNAが親会社になってからチームは変わった。

マシンガン打線と呼ばれた1998年当時には及ばないが、投打の力は底上げされている。

Aクラス入りはほぼ確実に狙える戦力だ。

横浜スタジアム(浜スタ)の観客動員数は順調に伸びている。

 

コロナ禍でスタンドに集うファンをみていると思う。

出したい声を抑えて、拍手やタオルなどだけで必死に応援している。

これまでのチーム史を考えると、ファンが行儀よく忍耐強いのはうなずける。(トホホ)

まとめ

横浜ベイスターズのファンは行儀がよく、忍耐強い
かつてのホエールズは弱かった
「横浜銀行」と揶揄されてきた時代もあった
チームが連敗してもファンは「涙くんさよなら」を歌って連帯した
監督には名将を呼んだが、ほとんど結果は出なかった
この弱小チームだった時代から忍耐強いファンの気質は引き継がれている

 

ABOUT ME
マービー55
50代で脱サラし、新たな生き方を模索中。文章を書くのは好きですが、ITにはめっぽう弱いアナログ人間。人混みが苦手なカントリーおじさんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です