釣り

シロギス釣りの餌はジャリメがお勧め

湘南のキス釣りのエサはジャリメ

姿の美しさから海の女王と呼ばれ、釣り味、食味とも上々のシロギス。

神奈川県の湘南海岸で30年以上釣り続けているが、餌は基本的にジャリメと決めている。

他の地域ではアオイソメが最適な場所もあるかもしれないが、湘南ならジャリメがいい。

餌の違いは入れ食いとなる地合の時間帯にはっきり分かる。

湘南の砂浜でキスを釣るならジャリメは必携したい。

と、偉そうに書いているが10匹以上釣れる日はほとんどないが…(トホホ)

キスは地合にジャリメを食い漁る

湘南には大磯、国府津などキス釣りが盛んな海岸がたくさんある。

地方の海岸に比べ、釣り人が多いためか、環境破壊のせいか釣れるキスはさほど多くない。

秋が深まったころは早朝から午前8時過ぎまで大釣りが楽しめるときがあるが、限定的だ。

 

日中にキスを釣るなら地合は一時だ。

海岸の地形などによって地合の時間帯は異なる。

中潮から大潮の上げ3分の場所もあれば、下げ7分ところもある。

 

その小一時間の地合の最中に実験してほしい。

ジャリメなら5本針で少し間をとれば3本以上はかかってくる。

アオイソメだと、1匹もかからないことがたびたびあった。

キス釣りエサのジャリメにもデメリットはある。

よくジャリメとアオイソメはどちらがキスの得エサかと議論される。

湘南のベテランキス釣り師ならジャリメを選ぶだろう。

アオイソメを選んでいる人はジャリメが入手できないか、安価だからだ。

 

秋真っただ中の早朝はキスの食餌性向が高いのでエサは問わない。

落ちギスのシーズンなどはアオイソメでも十分釣れる。

ジャリメを推奨するのはそんな特殊な時期・時間帯以外でも効果があることだ。

 

アオイソほど大きくならないジャリメだとあまりに小さいと釣りづらい場合も。

購入後に小さいサイズばかりだったら大釣りはあきらめたほうがいい。

キス釣りの餌として万能なジャリメにもデメリットがある。

アオイソメは五目釣りには最適

アオイソメを虐げてきた感があるが、アオイソにも利点がある。

キス以外の魚が釣れる可能性はジャリメより高い。

潮が濁っていてキスが期待できない中、アオイソならイシモチなどが食いついてくる。

 

キス釣りだけに限ればジャリメに分があるが、五目釣りならアオイソだろう。

どこの釣具店でも大抵売っていて、入手も容易だ。

夜は海底で光るので夜釣りにも向いている。

 

あと、キスの特効エサとしては忘れてはならないのがチロリ(東京スナメ)だ。

大きなキスを狙うなら最強のエサと言える。

難点は入手できる店・時期が限られ、値段もアオイソメの倍以上することだ。

 

以上のことを踏まえつつ、やはりキス釣りのエサはジャリメがお勧めだ。

最近、ジャリメの値段が高騰していることが気になる。

もちろん、どんなエサを使っても腕が悪ければボウズになる日もあるが…(トホホ)

まとめ

湘南海岸でシロギスを釣るならエサはジャリメがお勧め
アオイソメより地合のときに食いが全く違う
小ぶりなジャリメだと大きなキスは釣りづらいのが難点
大キス狙いならエサはチロリが最強だが、高価で入手できる時期も限られている
ジャリメは総合的に考えれば、キスの特効エサだ

ABOUT ME
マービー55
50代で脱サラし、新たな生き方を模索中。文章を書くのは好きですが、ITにはめっぽう弱いアナログ人間。人混みが苦手なカントリーおじさんです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です